出会い系アプリ

社会人は出会いがない。SNSで彼氏・彼女がいる人と何が違うかを調査!失敗しない出会い方

社会人になり年を重ねていくほどに危機感を感じる恋愛。
「自分の周りにはいい人がいないから無理」
「あの子には彼氏がいるのに私はなぜできないの?」
などという思いを抱えている人も少なくないでしょう。彼氏・彼女が途切れないあの人と自分は何が違うのか、どうすれば出会いを見つけられるのか、そういった社会人の出会い方について考えていきましょう。

社会人になってから出会いのある人のない人の行動パターンの違い!

社会人になったら出会いが減るという話はよく聞きますよね。しかし、一方で恋人が途切れないという人もいます。同じ会社、同じコミュニティーで、なぜそのように出会いの数の差が出てきてしまうのでしょうか。
その答えはひとつ、「自分から積極的に動いているかどうか」ということにあります。出会いがないと嘆いている人は、

  • 自分のコミュニティーの中から出ようとする努力をしていない
  • 誘われない、話しかけられない、など受け身な態度
  • 自然に恋に落ちたいなど理想の恋愛像があり、こだわりを持っている
  • マッチングアプリは嫌!など出会いの方法に制約を設けている
  • など、出会いの幅や条件に制限を設けてしまっているのです。

    一方出会いが多い人は、パーティーなどでも初対面に人に積極的に話しかけたり複数のツールを使って出会いのきっかけを増やしたりと、自分から動いていることがほとんどです。
    もし今恋人がいない状態でもっと出会いを増やしたいと考えているなら、出会いに対する制約を緩めて、自ら外に出かけてみましょう。後ほど社会人が実際に出会えた場所をたくさんご紹介しますので、そういった中から選んでみるのも良いですね。

    社会人になって出会いのある職業はある?

    学生時代に恋人ができなかった人は、社会人になってから彼氏・彼女をゲットしようと意気込んでいるのではないでしょうか。一方で「出会いがない」と嘆いている大人も多いものです。では出会いの多い職業にはどのようなものがあるのでしょうか。アニヴェルセル総研によれば、出会いが多い職業ランキングのトップ3は次のような結果になりました。

    【未婚男性300人が選ぶ、出会いが多い業界TOP3】

    1位 サービス(飲食・旅行・ホテル・ブライダル・航空) 45.3%
    2位 マスコミ(TV・広告・新聞・出版・音楽)      36.3%
    3位 美容・ファッション                27.3%

    【未婚女性300人が選ぶ、出会いが多い業界TOP3】

    1位 マスコミ(TV・広告・新聞・出版・音楽)       50.0%
    2位 サービス(飲食・旅行・ホテル・ブライダル・航空)  44.3%
    3位 商社                        31.7% 

    (引用: https://cancam.jp/archives/200288/3 

    やはり多くの人と関わるサービス業やマスコミ業がトップに躍り出ていますね。社内恋愛だけでなく取引先等多くの出会いのきっかけがあるのが、これらの職業の特徴です。また、商社などは飲み会や合コンの機会も多くなりますので、そういった仕事以外の場もきっかけになり得そうですね。

    社会人になってから彼氏・彼女ができた人に聞きました!出会いは何?

    社会人の4~5割に恋人がいますが、そういった人たちはどこで相手と出会ったのでしょうか?社会人になってから彼氏や彼女ができたという男女に、出会いの場所について聞いてみました!

    職場で出会い!?どうやって?

    ●日常的に接する機会が多いと、意識をしていなかった相手でも人柄を理解できるようになる事からお付き合いをしてみようかと思うようになり、相手も自分の人柄を理解していたようなのでスムーズに恋人同士になれました。
    (http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/010411)

    ●課に新卒できた子の教育係をやっていくうちに付き合うようになりました。
    (http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/010411)

    やはり一番多いのが職場での出会いです。1年のうちの大半を共に過ごす職場の人は、様々なイベントや普段の業務を通して仲が深まりやすいのでしょう。職場の同期と付き合うことになったというパターンだけでなく、先輩後輩の関係から男女の関係に発展したという人も多くいました。
    また社内だけでなく取引先の人と付き合ったという人も。人脈を広げていく中で不意に恋に落ちてしまうというシチュエーションもあるようですね。

    友人の紹介からどう恋人になった?

    ●学生時代の友人達と集まる機会がありました。会話の中で「彼女募集中なんだよね。誰か良い子いない?」と聞いてみると後日、彼女を紹介してもらえました。その場の流れで何気なく聞いたのですが、聞いて良かったと思います。
    (http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/010411)

    ●友だちからの紹介。友だちにはそのとき彼氏がいたから、フリーだった私に紹介が回ってきた
    (https://woman.mynavi.jp/article/170630-27/)

    信頼できる友人からの紹介をきっかけに彼氏・彼女ができたという人も。自分のことをよく知っている友人であれば趣味や嗜好の合う相手をピンポイントで見つけてきてくれますので、関係が発展する可能性も高まるようです。
    中には友人が食事会をセッティングしてくれたという強者もいました。どうしても職場等まわりにいい人がいないと悩んでいるなら、気のおけない友人に相談してみるのもいいかもしれませんね。

    出会い系アプリやサイトで良い人に出逢えるの?

    ●ネットの出会い系サイトを通じてメル友になり、それから彼女に発展した。
    (http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/010411)

    ●SNSで会おうと言われて、悩んで会って付き合うことになった
    (https://woman.mynavi.jp/article/170630-27/)

    意外に多いのが、インターネットを通じた出会いです。恋人探しを目的としたマッチングサービス、婚活を真面目にできる婚活サイト、twitterやfacebookをはじめとするSNSなど、インターネット上のサービスを通して多くのカップルが誕生しています。
    アプリやサイトを使えば、一度に何万人もの相手と出会うことができますよね。顔写真やスペックだけでなく、趣味などで繋がれるコミュニティーやシステム上で相性を診断してくれるサービスなど、機能も充実していて効率よく出会えるのが特徴です。
    利用料が高くないアプリもたくさんありますし、いつでもどこでも利用できるものなので、ひとまず登録してみるだけでも未来が変わるかもしれませんよ。

    マッチングアプリで運命の人に出会えた人の本音をSNSで調査!

    イベント・パーティーで進展のある出会いはある?

    ●数年ぶりに同窓会で会った子が、大人の女性になっていて惹かれて交際した。
    (http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/010411)

    ●レゲエが好きだったのでレゲエのイベントで。お互い趣味が合うので知り合いやすい
    (https://woman.mynavi.jp/article/170630-27/)

    結婚式や同窓会、趣味のイベントなどを通じて出会い交際に発展することもあります。結婚式では幸せな友人を見て自分も結婚したいという気持ちが高まり、二次会などで意気投合するというケースも多いですね。また同窓会は昔好きだった人と再会したり、久しぶりに会った時に見た目が変わっていて惹かれたりすることで、付き合いに発展するようです。
    また最近増えているのが趣味のイベントをきっかけとした出会いです。習い事も含め今では多種多様なイベントが開催されており、同じ趣味を持つ人同士で仲良くなるという流れができやすくなりました。
    社交的でないからと家にこもっているのではなく、休日にこういったイベントに参加してみると、思わぬ出会いがあるかもしれません。

    合コンで遊びじゃない付き合いはできるの?

    ●会社の先輩が開いてくれた合コンで出会いました!感謝です。
    (http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/010411)

    ●職場には既婚の女性しかいないので合コンでしか知り合えませんでした。
    (http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/010411)

    職場つながりや大学時代の友人などを通じて開催される合コンで、彼氏や彼女と出会ったという人もいます。数合わせで参加させられた合コンで恋人を見つけたという人もいますので、あなどれませんね。
    最近は合コンをセッティングしてくれるサービスなんかもあります。友人に幹事を頼みにくいという人はそういったサービスを利用してみるのも良いかもしれませんね。

    婚活パーティーで結婚できる?

    ●婚活パーティー4回目で出会った人と28歳で結婚しました(^-^) とても優しい人で幸せです。 でも、どうやって出会ったの?って聞かれたら困る(笑)
    (https://girlschannel.net/topics/329907/)

    ●28歳から婚活して30歳で結婚しました。 何度も結婚相談主催の婚活パーティーに行きました。 なかなかご縁まれず、もうしんどいし今回で最後にしようと思っていたパーティーで旦那と出会いました。 諦めずに本当によかったです。
    (https://girlschannel.net/topics/329907/)

    婚活サイトやアプリだけでなく、多くの人と一気に出会える婚活パーティーも、出会いの場としては人気です。アプリのようにプロフィールで取捨選択するわけではないのでタイプの人に出会えるかどうかは運次第ですが、思いもよらぬ相手と出会えるチャンスもあります。
    最近はただ食事をするだけでなくBBQやゲーム、スポーツを一緒に楽しんだり、料理や漫画、アウトドアなど趣味を限定したパーティーが開催されていたりと、その種類も多岐にわたっています。婚活と聞くとお堅いイメージを持ちがちですが、ラフに参加できるものも増えてきているんですよ。

    相席屋は遊び目的じゃないの?

    ●飲み屋さんなどで知り合って付き合うことが多い
    (https://woman.mynavi.jp/article/170630-27/)

    ●相席屋をきっかけに仕事の良き相談相手ができたり、交友関係が広がりました 恋活はもちろんですが、貴重な方に出会えるチャンスもあり素敵な場所だと思います?
    (https://twitter.com/chi_maam/status/1074644072294305792)

    相席屋を含め、飲み屋やバーで隣の席になり、話が盛り上がって付き合いに発展する場合もあります。相席屋の場合は双方とも相手を探しに来ているのですから、その流れがよりスムーズに進むでしょう。
    相席屋は若い男女が参加するイメージをお持ちかもしれませんが、実は参加している人の年齢層はかなり広いです。ひとりで行くもよし、友人と行くのも良しなので、気分転換に足を運んでみるのも良いでしょう。

    マッチングアプリは本当に出会いがあるのか検証!

    恋活や婚活の手段として人気となっているマッチングアプリですが、本当に出会いがあるのかは疑問ですよね。実際にマッチングアプリを使っている人の実態を探りながら、その真相に迫っていきましょう。

    マッチングアプリは本当に出会える?

    そもそもマッチングアプリで出会いがある人はどのくらいいるのかを検証していきます。まず、マッチングアプリを利用している人はどのような目的で登録したのかを見てみましょう。


    (https://honote.macromill.com/report/20180515/ データダウンロード可)
    ここで言う婚活・恋活マッチングアプリは特定のアプリを指しているわけではなく総合評価なので、実際はアプリごとに若干異なりますが、恋人や結婚相手を探すために登録している人が大多数を占めていることが読み取れますね。特に恋人探しをしている人は7割以上にものぼりました。一方で「暇つぶし」「友達づくり」といった恋活・婚活目的ではない人も3割程度いました。アプリ内でも棲み分けはなされていることがほとんどですが、もし婚活目的ならそういった遊び目的の会員が少ないアプリを選ぶと、より効率アップにつながりそうですね。婚活向きのアプリは後ほどご紹介しますので、そういったものから選ぶと良いでしょう。

    ではマッチングアプリを利用して出会えたことのある人はどのくらいの割合いるのでしょうか。


    (https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1522.html データダウンロード可)
    なんと1度でも会ったことがあるという人は全体の6割近くにのぼりました。暇つぶしに登録している人も母数に混ざっていることを考えると、真剣に相手探しをする場合はかなり高確率で出会えることがわかりますね。
    ここで「出会ったことがある」と回答した人はその後その人とどうなったのかについては、次のようなデータが出ています。


    (https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1522.html データダウンロード可)
    マッチングアプリを通した出会いの場合、一人と会ってそのまま付き合うという流れはほぼなく、一般的には複数人と実際に会ってその中から選ぶという段階を踏みます。それを考えれば、1度でも付き合えた人がおよそ半分程度いるのは、成功確率も高いと言えそうですね。中には結婚したという人もおり、マッチングアプリの信頼性や安全性もうかがえます。

    マッチングアプリで出会うためのコツ

    マッチングアプリは高確率で出会えるツールであることがわかりましたね。ただ出会えるか否かはその使い方にも左右されてしまいます。登録したのに全く出会えない、なんてことにならないよう、社会人がマッチングアプリを使うときのコツを次に考えていきましょう。
    マッチングアプリで出会うためにはこちらからアプローチするだけでなく、相手から選ばれる必要があります。ではどうやったら相手から選んでもらえるのでしょうか。マッチングアプリを利用している人は実際に何を基準に相手を選んでいるのかを見てみましょう。


    (https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1522.html データダウンロード可)
    男性と女性では若干傾向が異なるようですが、年齢や顔だけでなく価値観や趣味が上位に来ているのも特徴的ですね。年齢や職業などは変えようがありませんが、工夫次第で良く見せられるような項目も多くありそうです。これらから言える出会うためのコツは次の2つです。
    1. プロフィール画像にこだわる
    2. 自己紹介文を充実させる

    プロフィール画像は清潔感のあるものを選ぼう

    相手を選ぶ際に「顔」を重視すると聞けば「自分はイケメン/美女じゃないから無理だ」と卑屈になりがちですが、この「顔」とは必ずしも美男美女かどうかを指しているわけではありません。もしあなたがマッチングアプリで検索をかけるとすると、相手の顔写真が真っ先に目に入りますよね。その写真で顔がよく見えなかったり明らかに手抜きの画像だったりすると印象が悪い、ということです。
    特に真剣に婚活をしたいのであれば、清潔感のある身なりで顔がはっきりと写る高画質なプロフィール画像を設定してください。背景は明るくシンプルなものが良いでしょう。自然な表情で自分の良さが伝わる写真を選ぶのがポイントです。「プロフィール画像を変えたら一気に出会えるようになった」という声もたくさんありますから、ぜひ気を遣ってみてください。

    定型文のような自己紹介文では出会えない

    忙しい社会人ともなると、なかなか自己紹介文にこだわれないことがあります。しかし、婚活男女は特にこの自己紹介文をしっかり読み込む傾向にあるので、時間を割いてでも自己紹介文を工夫しましょう。

  • 価値観などを共有しつつも限定的にならない(多くの人に当てはまるような内容が◎)
  • 趣味や特技、将来の家庭像などメッセージの話題にもなりそうな情報を書いておく
  • こういったことを書いておくだけでも、独自性が出て印象UPに繋がります。「笑顔が素敵な人が好き」「誠実な人と出会いたい」などポジティブである程度幅をもたせた書き方をすれば、自分でもイケるかも!と思わせられる確率が高くなりますよ。
    こういったコツを上手に実践しながら、素敵な出会いにつなげてくださいね。

    真剣度の高い有力マッチングアプリとは?注意点

    マッチングアプリを選ぶ際には、遊び目的の会員が少なく真剣度の高いアプリを選びたいものです。ただ、マッチングアプリや婚活サイトはかなりの数があって、正直どれを選んだら良いのかわかりませんよね。
    そんな時に注目したい真剣度の高いアプリの選び方や具体例をご紹介していきます。このなかからお気に入りのアプリを見つけてみてくださいね。

    婚活真剣度の高いアプリの見分け方

    数あるアプリのなかから婚活に真剣な会員が集うアプリを見分けるコツは次の2つです。

    1. 男女ともに有料のサイトを選ぶ
    2. 証明書提出の数をチェック

    まずアプリの料金についてです。婚活アプリには女性が無料のものと男女ともに有料のものがありますが、後者の方が婚活真剣度はより高い傾向にあります。女性も料金を払ってまで利用しているということからも、その真剣度が伺えますね。また有料であるという理由から業者やサクラが少なく、効率的に出会いを探せるのもメリットです。

    2つ目の証明書提出も同様です。一般的には年齢確認や本人確認のみで利用できますが、収入証明や独身証明、勤務先証明など追加で様々な証明書を提出できるサイトがあります。そういったものは会員の信憑性も高いですし、婚活に対して真面目に取り組む姿勢も感じられますから、ひとつの指標になるでしょう。
    もちろん女性無料で証明書の少ないアプリでも、婚活に真剣な会員が多いものはあります。それらに関しては後ほどご紹介していきますが、こういった条件も選び方の参考にしてみてくださいね。

    婚活におすすめなアプリ

    では多くのマッチングアプリ・婚活サイトから厳選した、婚活をはじめるのにおすすめのアプリを3つご紹介しましょう。大手の有力アプリばかりで実績も豊富なので、どれを使っても安心して出会えますよ。お気に入りのアプリを探してみましょう。

    ゼクシィ縁結び

    会員数 30万人
    特徴 ●婚活に真剣な若い男女が多い
    ●お見合いコンシェルジュというデート調整代行サービスあり
    メリット ●恋愛初心者でもスムーズに出会える
    ●連絡先交換なしでデートOKなので女性でも安心

    まずは比較的若い男女に人気の婚活サイト「ゼクシィ縁結び」です。男女ともに有料のアプリであり、ゼクシィという名前からも婚活向きのアプリになっています。
    ゼクシィ縁結びは業界初のデート調整代行サービスを導入したことでも話題となっています。彼氏や彼女がいたことがなくても、希望すればデートの流れや服装、場所選びなどをサポートしてくれるんですよ。
    まだ会員数は他に比べると少なめですが今もどんどん増えてきているので、これからはじめるにもぴったりのアプリだと言えますね。

    マッチドットコム

    会員数 190万人
    特徴 ●世界25カ国に展開する最大手の婚活サイト
    ●最近はアプリ版がリリースされた
    メリット ●外国人との出会いも可能
    ●AIシステムによるマッチングで理想の人と出会いやすい

    「マッチドットコム」は世界最大級のマッチングサイトで、アメリカを中心にして25カ国に展開しています。老舗のアプリということもあり過去のデータの蓄積から、より自分にあった相手をマッチングしてくれる機能もあります。
    またマッチドットコムは外国人のユーザーも多く、国際結婚をしたいと考えている人にはぴったりです。もちろん日本人の会員もたくさんいますが、目的ごとに様々な使い方ができるアプリですから、一度登録してみてくださいね。

    Omiai

    会員数 300万人
    特徴 ●女性無料で利用可能
    ●年齢層は低いものの婚活向きで落ち着いた雰囲気
    メリット ●美男美女が多い
    ●安全性への高さも評判

    マッチングアプリのなかから婚活向きのアプリとしておすすめしたいのが「Omiai」です。一般的に女性無料のマッチングアプリは恋活向きだと言われますが、このOmiaiは20代後半~30代前半といった年齢層に人気で、他のアプリよりは婚活向きの落ち着いた雰囲気となっています。
    美男美女が多いとも評判で、婚活目的なのにもかかわらずスペックの高い相手と出会えるのもメリットです。いきなり有料のアプリを使うのは気が引けるという人は、Omiaiから始めてみるのも良いでしょう。

    婚活アプリを使う際の注意点

    最後にどのアプリを使うにあたっても注意しておきたいポイントについてご説明しておきます。
    1. サクラなどの悪質会員を見分ける
    2. 夜のデートは様子を見てから
    3. 個人情報を安易に漏らさない
    婚活アプリは比較的悪質な会員は少ないですが、ゼロではありません。そういった人に引っかかって個人情報を抜き取られたり時間を無駄にしたりしてはもったいないですよね。そういった悪質な会員は別サイトに誘導する、すぐに会いたがる、プロフィールが良すぎる、など気付けるポイントがたくさんあります。特に恋愛していない人や婚活に必死な人ほど引っかかりやすいですので、メッセージのやりとりは冷静になって行いましょう。
    また、いい人が見つかったからといっていきなりディナーデートは避けた方が無難です。相手が何を考えているかはわかりませんので、何度か昼間のデートを重ねて信頼できるようになったら夜もデートしてみる、など段階を踏んでいきましょう。ストーカー気質の人もいないとは限りませんから、むやみに本名や詳細な居住地などを公開するのも危険ですよ。
    使い方次第では危険な目に遭ってしまう可能性もある婚活アプリですので、しっかりとこれらの注意点を守って良い出会いを探していきましょう。

    社会人が出会う方法 まとめ

    社会人には出会いがない、と言われがちですが、自分から積極的に動いていくことで十分素敵な出会いは見つけられます。ひと昔前は合コンやパーティーなど実際に足を運んでいかなければならない方法しかありませんでしたが、最近はマッチングアプリなど家でも手軽に利用できる上、かなりの高確率で出会えるサービスも登場しています。
    マッチングアプリも選び方や使い方によって婚活のしやすさは大きく変わるので、今回ご紹介したようなアプリにぜひ登録して、効率よく恋活・婚活を進めていきましょう。